猫好きの北海道犬奮闘記

ネコ派のおかんが北海道犬と暮らしています。両親の介護だのなんだの!へたれおばさんの精神安定にブログを始めました。
はるのおかん

プロフィール

北海道犬の母娘「はる」と「梅香」

家族だの、畑だの、いろいろ書きます。
edit-notes16.png2017.07.16.
ichiran16.png ⇒ 大事な家族です ▼ 大事な家族です

クリックで
記事が開きます

edit-notes16.png2017.07.15.
ichiran16.png ⇒ みぞれお嬢の試練 ▼ みぞれお嬢の試練

クリックで
記事が開きます


 

大事な家族 と 残念な性分

大事な家族 と 残念な性分

DSC_2222 (450x338) 
今朝は、水位が下がっていました。



DSC_2208 (450x338) 
昨日



雨のピークは昨日の朝方だったようです。



ホント、自然の力って怖いです。人間のちっぽけさ、弱さを思い知らされる。
皇太子殿下が世界へ向けて何かお話になっていたと思いますが、見えない力ってやっぱりあるんだとしみじみする。



DSC_2141 (369x450) 
後ろ脚が弱くなったボス
眼は白く濁って、聞こえもかなり落ちています。近づいても気が付かない事もあり、何度も声を掛けて気が付かせてから触らないとビックリして飛び起きたりしちゃいます。飛び起きて水や餌ボールを踏んづけて ガラガラドっシャンと、てんやわんや・・・


DSC_2140 (450x404) 
寝たままごはん (*^_^*)



今回の雨は、ボスの寝床を浸水させました。

いつも大事に敷いていた次男君の防寒着と、ばあちゃんのセーターは、ぐっしょり
どちらも取り除き 

DSC_2217 (450x355) 
乾いたすのこを置きましたけど、 大きな段差は、やはり無理でした(>_<)
枕にしてる・・・


毛変わり中のボス
取っても取っても終わりません・・・


元気な時のばあちゃんといっぱい散歩して、ばあちゃんの変化を身を以て体感したボス
人間不信になりかけて・・・

もふもふの体を触れば骨がごつごつしてます。
背骨は曲がり、訳もなく鳴きつづけたり ウロウロし続けたり 
人間の老化とほとんど変わりません。

様子がいつもと違う時は、飛んで行って、しばらく一緒にいます。
自分から身を寄せて来て腕に顔を乗せたり、抱っこもさせてくれます。


大事な大事な家族です。





残念な性分



「おかんさんって、苦手な人っているのぉ~?」

超あがり症で、緊張すると頭が真っ白になり、唾液も出なくなり 体中汗が噴き出る
なのに、他人には、とても落ち着いている様に思われる。
得なのか損なのか分からない。

声のトーンとか
残念な家族の様々な経験から、利用者様に嫌がられる事が少ないかも

名指しで「おかんさんに来てもらいたい」と言われる事もありがたく
ますます手を抜けなくなるのだが・・・
手を抜かないと、他のヘルパーとの差が広がり、これもまたどうか?という事で・・・

他のヘルパーと平等な件数だったりを考えシフトを組んでいるとは思うけど、なんだか、自分のだけ多い気がする(-"-)
しかも、誰もが行きたがらない様な利用者様。。。

仕事の段取りと手早さが良いのは、きっとばあちゃんのお蔭
優しい雰囲気でにこやかに出来るのは、多分、じいさんのお蔭
運が悪いのは、自分のせい・・・(-_-メ)


DSC_2142 (450x338) 
スリムになった梅ッち
次男君に 「おい! ヤギ!」 と呼ばれています。



DSC_2146 (450x337) 
はいはい 可愛いです♡



DSC_2192 (331x450) 
こらっ  口を塞げ・・・




残念な自分の人生だから、残念な時ほど、みんなに嫌われるような人程、やる気がコンコンとみなぎってくる。。。
残念な性格・・・
愚痴も言うし、嫌で嫌で、体調がおかしくなる時もあるけど、そこを過ぎると、跳ね返ったように「ならば、してやる!」と何かが沸いてくる。
・・・・・



DSC_2190 (450x211) 


雨のお蔭で、草も元気です(T_T)


草にだって負けない



と・・・と・・とりあえず、云っておきます。




[広告] VPS


スポンサーサイト
Guide
 
 

大雨洪水警報発令の日は静かに

大雨洪水警報発令の日は静かに

5時半 新聞配達時

DSC_2208 (450x338)
 


        DSC_2211 (450x338) 


2時半過ぎ ものすごい雨の音で目が覚め 怖くて眠る事が出来ないでいると
3時過ぎ、隣秋田寄りの雫石町に避難勧告が出されたとエリアメールが鳴りました。
4時ごろには、雨は小降りになりましたが、雫石町の防災無線が避難を呼びかけていました。
5時には、我自治会で、コミュニティーセンターで避難所を開設したと放送していました。
5時半には、安比寄り市町村の避難勧告のエリアメールが!!


10時前から、再び雨は強くなってきました。







昨日の朝は
DSC_2196 - コピー (450x338) 




サギ でしょうか?
DSC_2196 - コピー (386x450) 
あんなに大きな鳥が、木の枝のてっぺんに止まっているって不思議です。


しばらく見ていたら、サギは下を向いて私を確認すると 大きな声で ギャーと鳴きながら飛んで行ってしまった。



数日前、こんなんのも発見

DSC_2178 (450x337) 
セミの脱皮中  (゜o゜)


セミって、木の根っこ近くの土の中にいて 這い上がって来て脱皮するものだと思っていたけど、このセミはどこからきたのかしらん??





DSC_2185 (450x329) 

草刈と 電動枝切り機械なんぞで、せっせとお仕事をした結果

ものすごい頭痛にやられてしまった。

喉が痛いように感じたので、風邪か?と思ったが、髪の毛を触ると刺すように頭の皮膚が痛く、試しに鎮痛剤を飲んでみると、治った。
調べてみたら、「後頭神経痛」ってやつ みたい。




DSC_2183 (450x338) 

何故か事務職をしていた頃にはしょっちゅう飲んでいた錠剤のビタミン剤 久しぶりに飲んでみた。







DSC_2198 (450x415) 

何がそんなに嬉しいか? って、いうと・・・



これ 



DSC_2206 (450x338) 
きゅうり 収穫~~~♡


2匹と 一人で、一本完食 ♡





こんな事 ⇓ ばっかりだった娘

昨夜、みぞれお嬢が 小さい頃さ~ と喋りはじめた。


お兄ちゃんと、弟くんが、テレビゲームをあまりにも面白そうにやっていて、どうしても楽しそうなその中に入りたくて お兄ちゃんに 何か自分にもできる事はないか?って 聞いたら 
「オレの代わりに オシッコしてきてくれ」
と言われた。
そういう事じゃないのに と 思いながら、オシッコしてきた。



え~~~~~  (゜o゜)
本当にトイレ 行ったの?



そういえば、そんな事あったね~ と笑いながら、
3人が集まってこんな会話する事ってもうないのかな?
とか、
自分が生きている内に 3人のこんな楽しい話をいっぱい聞きたいと真面目に思った自分が、ちょっと悲しかった。


 
DSC_2214 (450x314) 
雨でも朝散歩♪
はるの足元の ピンクの花たちが可愛いと思ったのでパチリしたけど・・・ピンボケ(-_-メ)



今、雨は止んでいますが、避難所を地元の公民館ではなく市営体育館にしました。とか
新たに避難勧告が出されたエリアメールが届いています。


何事もありませんように
Guide
 
 

大事な家族です

大事な家族です

DSC_2133 (450x338) 
かしわばあじさい  でしょうか?  ほんのりピンク色に変わってきました。
去年、剪定をしなかったので、伸び放題です。




DSC_2134 (450x341) 
ピンク紫  って感じ? 可愛いんですけど・・・
ばあちゃん  ごめん<m(__)m>   私・・・水色が好きだな。





DSC_2131 (450x283) 
毎日、こんな車に暑い車に何度も乗ります。
掃除のお仕事も、入浴介助も 自分の身を守らなければなりません。
ヘルパーに、夏季特別手当 欲しい。。。




DSC_2116 (450x338) 
ニャンだって暑いわ
にゃによ!! 



DSC_2117 (450x338) 
ここは、涼しいんだから 邪魔しないでニャン




DSC_2118 (450x434) 
似てるけど 違うニャン♡




DSC_2119 (450x437) 




DSC_2120 (378x450)   
逃げちゃった 


ねこは、どのお宅か分かりませんが、犬は、飼い主が必ず一緒ですから、毎日会うワン達が姿が見えなくなると心配になります。
歩く事が出来なくなったワンを連れて、せめてウンピーとシーは外でさせようとしている飼い主さん
一生懸命介護していらっしゃる飼い主さま方。
愛犬の表札まで取り付けていたあるお宅で、☆になってからもずっと外さないでいました。
最近のある日、ワンの名前の表札が外されていました。
もう、多分、3年以上も着けたままだったと思います。気持ちの整理がついたのかと思っていましたが・・・



DSC_2042 (396x450) 
新しい家族が増えたのでした。


保護犬ですって   凛々しいわね


DSC_2045 (445x450) 
きっと、70歳はこえていらっしゃると思えるご夫婦と暮らしています。



近所で迷子になっていた? 駅付近に置いて行かれた? ワンちゃんなんだそうで。
飼い主がみつからず、奥さまの体調が良くないのだそうですが、飼う事にしたんだそうです。
こんなに綺麗にしてもらって、幸せワンちゃんですね。




毎朝合う ワンちゃんと飼い主様 
姿が見えないなぁと思っていると、飼い主様だけ散歩するようになったり
ワンを連れている人がおばあちゃんから若い人に変わっていたり
どっちにしても、胸が痛みます。



DSC_2138 (450x338) 
いつまでも元気でいてほしい











Guide
 
 

みぞれお嬢の試練

みぞれお嬢の試練

2年半前、みぞれお嬢の首に『脂肪腫』というのができた。
その頃は、とても人と話す事が困難で、一か月に2~3回は、夜間救急に走り安定剤の点滴をしてもらっていた頃。
急に休む事が出来ない私の仕事・・・とりあえず、話しやすい女医さんがいる皮膚科に行かせた。
すると、専門外と言われ、整形外科を紹介された。が、もう、80歳を超えているのではないか?と思われるお医者様。。。
(よくヤブと言われていた。。。)が、待ち時間が長い大きな病院へも行けず、別の整形外科に行きたくとも、一人では行けなく、
仕方なく、おじいさんの開業医へ通った。
毎日、膿を絞り ガーゼを当てて・・・
一週間を過ぎても、まだ、終わりの見通しがなく
きっと、何かの説明をされたかもしれないが、多分、痛さと、怖さで、ぶっ飛んでいたのかな。。。
その内、自然と行かなくなり


して、

2週間前

「あの場所に違和感が・・・」
「痛くなってきた」


日に日に、脂肪腫は脹らみ、何しろ、首後ろ ほとんどど真ん中。
直径1,5センチ程度の脹らみは 大きくなり赤みも

枕を当てて寝る事が出来なくなり
首を回すのにも痛がり 車を運転する自信がないというので
今週、10日(月) 最近建て直して立派になった入院設備もしっかり整っているT病院へ


溶けそうなくらい暑い日 寒いと思う位のクーラーの下とはいえ・・・9時に到着してから 3時間半・・・(>_<) イタヨ
「医大医師」と、名札がついている部屋に呼ばれ
「お母さんもどうぞ」と呼ばれ
すると、
「週一、この病院に来ている 菊池先生は、形成外科の免許もあるのでその先生に見てもらった方がいいと思うよ。
と。医大にきてもいいけど、医大は、医者も変わるし、診察時間とか縛りが色々あるからね」
と教えて頂いた。
菊池先生に見てもらうには、院長先生にも診てもらわねばならないんだそうで、
病棟を回っていた院長先生を30分待ち、
超ご機嫌の院長先生に診てもらい、デジカメで何枚も写真を撮った。

菊池先生は、木曜日の午後だけいるらしいのだが・・・

この『脂肪腫』、脂肪を包んでいる袋を取り除く手術が必要なんだそうで・・・

院長先生は、『手術』する患者が一人でも増えて嬉しんだ。。。

しかし、みぞれお嬢・・・『手術』なんて、一大事に一人で来れるわけがなく
といっても、私も休めず・・・どうすんべ???となり 
菊池ドクターは、開業しているので、午後、菊池クリニックに行く事となった。

一旦、家へ帰り、お昼を食べ、今度は盛岡市内まで。。。

(あ~~ぁ・・・・午後から一人カラオケで、スッキリしたかったのに・・・)


お手紙を読んだ菊池先生
「月曜日しか来れないの? スケジュールがいっぱいなんだよ。来週の月曜日は、休日だしね。抗生剤もらったの? 飲むとね、膿が元気になるよ
膿が出たら、応急で処置しなきゃないけどね。自分は薬は出さないから。いずれにしても、腫れている内は、何も出来ないよ」


あっさり、終わった。




CM170715-055516002 (450x253) 
今日(15日)も暑くなりそうな空気




ついでだからと、あっちこっち寄り道し、お兄ちゃんのアパートに寄り頼まれた事をし 10日(月)は終わった。



11日(火) 嚥下障害があったセレブなおばあちゃまが、骨折しギプスをしているのにいつもと同じように歩くものだから、ショートスティに避難させられ・・・早々に帰宅できた。

帰宅すると、みぞれお嬢・・・真っ赤な顔で 目が開けられない程首が痛いと言う。
見ると・・・

((((;゚Д゚)))))))

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


直径1.5㎝の脹らみが、親指の爪位飛び出ていた。

真ん中は、白く、膿が破けそう(。Д゚; 三 ;゚Д゚)


(昔、週刊少女マンガで見た 人の体に人が住み着いているみたいな・・・あれ)

場所が首ですから、慌てて医大の救急へ
暑いこの季節ですし、色んなスポーツの大会もされていますし、ごった返しに混んでいた救急
一時間も待ち、呼ばれた時には、みぞれお嬢はトイレ
戻って来たお嬢
「もしかして、つぶれたかも」
白い、それこそ脂肪がだらだら流れていました。

処置してくれたのは、つけまつげがとても印象的な女医さん(美しすぎて・・・なぜ、外科医?)
切開して、膿を絞り イソジンゲルと言う薬をぬったぐり 修了


 CM170715-055537007 (450x134)


お嬢・・・痛みから解放され、気持ちも落ち着いて 疲れた心身は、よく寝る事で回復できた。

こんなに色々あったのに 安定剤の点滴に行かなくて済むようになった。


13日(木)
菊池先生が来ている筈と、T病院へ一人で行ったみぞれお嬢に新たな壁。


お目当てだった菊池先生は、T病院に来ていても、診察をしている訳ではないんだって。。。って。。。
手術だけしてんだ~~ふぅぅん


壁は、違うところだった。

「あの~ 〇っちゃんだよね?」
と、看護師に声を掛けられた。
同級生・・・しかも、遊びまくっていた頃の。。。
「この前も来ていたよね」
「また、来るよね。いっぱい話そう」
「変わってないね」
と言われ、もう、その病院には、行けないんだそうだ。

お友達は、22歳から看護師の学校に行き資格を取り、看護士としてまだ、5,6年なんだと。



病気と闘い、激太りしたみぞれお嬢
地元で暮らすという事は、外へ出る事が出来る様になったという事は、こんな事がこれからもあるんだろう



昨夜、みぞれお嬢は、自分の気持ちを色々語り、最後に
「△△くんと 結婚したんだよ」

「あっ、そうなんだ」

軽く、応えたが・・・



何故だろう。。。苛っとして、道路に面して設置されている何とか党の看板を絶対撤去してもらおうと思っている。


△△君のおじいちゃまと、じいさんとの関わりがある。
我子達と全部同級生がいる。


ちっさい自分
|ω・`)



DSC_2114 (450x338) 
おかん作のうめっちの場所



DSC_2127 (450x415) 
衣替え中で、おやせさん♡




それでも点滴もしなく、頓服薬を飲む程体調を崩す事もなく過ごしている。



Guide
 

Menu

画像Clickで記事ページ

タイトルClickでページ内移動

検索フォーム

キーワードで記事を検索

 

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者数

これまでの訪問者数

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR